TOP > ロレックスの適切な取り扱い方

ロレックスの適切な取り扱い方

ロレックスは適切な取り扱い方をする事で、世代を超えて使えるか、短期間で故障してしまうかが決まります。

初心者の内は特に、ちょっとした操作ミスでロレックスを故障させてしまいがちです。
取り扱い方は事前によく把握しておいて、間違いのないようにしましょう。

ロレックスの全モデルに共通する取り扱い方としては、まず、毎日利用するという点があります。

ロレックスは靴と違って、毎日利用することを前提に設計されています。

名古屋のカルティエならこちらが人気です。

機械に使用されている油も、使わないと固まってしまい、逆に機械へ悪影響を与える汚れとなってしまうものです。



大切な時計だからこそ毎日利用するという心がけをしておきましょう。次に、竜頭の回し方と時計合わせがあります。

竜頭はゆっくり回す事を心掛けましょう。

勢いよく回すと部品が焼き付いて故障の原因になります。

また、竜頭をゼンマイ回しに利用する時は、一度手前に回してから奥に回すようにしましょう。

ゼンマイの巻き過ぎを予防できます。

特に、ヴィンテージやアンティークの場合は巻き過ぎを防止する機能が無いものもありますので、この巻き方を覚えておくべきです。

なお、ゼンマイは毎朝1度巻くのが適切なペースになります。時計合わせは反時計回りに回さないように気を付けましょう。


多少回転させるだけで壊れるほどではありませんが、時計合わせとして時間単位で回し続けると故障する事もあります。
この他にも、落下や振動、衝撃といったトラブルには気を付けましょう。

できるだけ荒っぽい扱い方はしない方が故障しにくくなります。
この他、パソコンやスマートフォンといった強力な磁力を発生させる道具に密着させないようにしましょう。

磁力の影響で精度が落ちる事もあります。
特に、ヴィンテージやアンティークは防磁が不十分な場合が多く、消磁しないと精度が戻らない場合があるものです。



急激な温度変化も避けて、安定した環境で利用するようにしましょう。